社員教育で最も重要視するべきポイントとは?

ほめて伸ばすのが一番

社員教育では、会社の仕事を新人社員に覚えてもらうことが大事です。しかし、それ以上にここで厳しくしすぎて新人社員が次々とやめていってしまうという状況を作るのは一番やってはいけません。そのため、社員教育で一番重視するべき点は、社員をほめて伸ばすことです。最近の若者は、厳しくして成長を促すよりもほめて成長を促すほうが向いています。そのため、必要以上に厳しくすることは、かえって逆効果となってしまいます。なかなか仕事が上手にできない人には、できるようになるまできちんと教えていくことが重要です。絶対に冷たく突き放してはいけません。会社から新人が一人もいなくなってしまうという事を避けなければならないからです。

人間関係形成の場にしよう

社員教育の場では、仕事のことを教えるのが普通です。しかしそれだけではありません。社員教育は人間関係を形成する場所ととらえることもできます。会社で働いていくには、良好な人間関係が必要不可欠です。とはいっても、なかなかそれを形成していく場がありません。そこで、社員教育では人間関係を築くきっかけを与えてあげるといいでしょう。これは、同僚との人間関係を築かせるだけではなく、上司や先輩との人間関係を築くきっかけにもなります。普段あまり話す機会がないような人とでも、社員教育を通して信頼関係を作ることは十分に可能です。仕事を覚えさせるだけが社員教育ではないという事を、しっかりと肝に銘じておくといいでしょう。